ポストベッティングのプロセスを理解する

ポストベッティング
  • 後張り・レイトベッティング行為について

カジノプレイヤーの中には、基本ルールを破ってまでも勝者としての地位を確立しようとする人もいます。このようなプレイヤーはゲームのルールを無視し、効果のほどが分からない戦略を駆使してゲームに参加します。このような行為は不正行為と呼ばれ、カジノ側も常に注意を払っています。不正行為の中でも、後張りやレイトベッティングと呼ばれる行為は特に有名で、多くのプレイヤーがこの不正を試みます。今回はその行為の簡単なご紹介と、その行為に対する私たちの見解をお伝えします。

  • イントロダクション

後張りとは、プレイヤーがルーレットの結果が決まった後にベットを行い、利益を得ようとすることです。このような行為により、カジノ側はルーレットを回す前には無かった賭け金をプレイヤーに支払わなければいけません。そのため、カジノ側はそのようなプレイヤーをチート行為として記録します。チート行為を行ったプレイヤーはカジノを追い出され、オーナーから出入り禁止にされる可能性もあります。ですから、このような行為は行わないことをお勧めします。

 

  • 方法

このテクニックを習得するのは、皆さんが想像するより難しいかもしれません。まずカジノ内のターゲットを偵察し、目の前で起こる出来事にあまり注意を払わないルーレットディーラーに目を付けておく必要があります。しかしこの行為は、カジノ内にピットボスや定期監視のためにテーブルの周りを巡回しているスタッフがいる場合は、はるかに難しくなるでしょう。さらに、ディーラーや経営者も後張りをするプレイヤーの存在を想定していますので、そのようなチート行為を行うプレイヤーがいないかと常に警戒しています。

方法

そのため、プレイヤーは迅速かつ時間通りきっちりと仕事を進めていく必要があります。誰かに見られていることに気づかずに捕まってしまえば、すぐにトラブルへと発展してしまうでしょう。このような事態を避けるためにプレイヤー同士チームを組み、お互いに注意を払うようにしているプレイヤーもいます。しかし、カジノのフロアには無数の監視カメラが設置されているため、チート行為を行うことは予想するよりもかなり難しいと言ってよいでしょう。

後張りをしたその場を乗り切る

後張りをしたその場を乗り切ることができたとしても、カジノ内の監視技術により、後に捕まってしまうケースもあります。後張りを試みても計画通り行うことは難しいため、やはり止めておくのが無難でしょう。カジノのルールに従うのが正しいギャンブルの楽しみ方です。ズルはしないで、良い子にプレイを楽しみましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *